なんか時の流れに身を任した



無事学校を卒業して長い3年間を終えました。
取り敢えずまた来年別の学校に行くので一つの山を登って降りた感じです。
思いでの場所は桜は咲いておりませんでした。
おわり

コメント

非公開コメント

トラックバック